応募の8割管外客 道の駅 ぐるりんスタンプラリー

 宗谷管内「道の駅」品質向上協議会主催の2020道の駅最北ぐるりんスタンプラリーの応募が10月末で終了した。応募者は前年より1439人少ない2708人、全7駅を制覇したのは1438人だった。
 コロナ禍によって例年より2カ月遅れの8月1日から始め、新型コロナウイルスの影響を受けた観光地を元気にしようとする地域支援策で宗谷管内5駅(わっかない、さるふつ公園、北オホーツクはまとんべつ、ピンネシリ、マリーンアイランド岡島)と、上川管内2駅(なかがわ、おといねっぷ)を巡り制覇した駅の数によって各地の特産品が抽選で当たる。
 今年は応募があった2708人のうち、半数以上の1438人が全7駅を制覇した。応募者の82%は宗谷管外の人だった。
 応募者からは「スタンプラリーがあることで普段立ち寄ることがない町に行く機会となり、その町の特産品など楽しめました」、「宗谷の美しい自然を肌で感じ、改めて管内を旅したいと思った」などとの感想が寄せられている。

コメントを残す