個人情報を誤って送付 保健所がコロナ感染者に

 稚内保健所で7日、コロナウイルス患者の個人情報を誤送するという失態が発生した。
 それによると、今月4日、職員が新型コロナウイルス陽性患者のAさんに対し、入院延長勧告の通知を郵送した際、文中に別の陽性患者Bさんの氏名を記載したもので、通知を受けたAさんが気付き7日に保健所に連絡したことで発覚した。
 これを受け、竹花宗谷総合振興局長は「このような不適切な事案が生じたことについて関係者の方々に対し深くお詫び申し上げますとともに、個人情報の適切な取り扱いについて改めて指導を徹底し再発防止に万全を期してまいります」とコメントした。

コメントを残す