天北堆

 美空ひばりの「柔」ではないが「やると思えば…」は柔道だけの話でなく人生の指針を示した歌詞だが、コロナ禍にあっては「やろう」と力んでもやれるものでない◆稚内吹奏楽団の定期演奏会が先週土曜夜、文化センターで450人の聴衆が集まり開かれた。コロナ禍で3密対策に講じ席を空けたのだが定員1200人の3分の1まで埋まったのはイベントなどへの渇望に加え吹奏楽団応援の心情もあったのだろう◆為せば成るの精神で、この種のコンサートは可能だが密回避できない催しは現状無理なのかな。

コメントを残す