天北堆

 強い寒気が入り来週水曜には稚内でも雪が降るやもと気象台職員の御託宣。7日には「立冬」が控えており冬の小将軍が近づいてきている◆本格的な冬将軍の露払いとはいえ「いよいよ」という感と共に「またか」とうんざりしている。雪国住民の宿命とはいえ年と共に冬は堪える◆極く近い隣人が「雪がない所に行きたいわ」と言うのを今までは知らぬ顔で聞いてきたが、今では頷けるようになり〝克雪心〟が薄れて行くのを感ずる。コロナとの戦いに疲れたこともあるのか◆ただ雪は一過性でなく厄介だ。

コメントを残す