シカなど被害深刻 宗谷地域野生鳥獣対策協議会開く

 宗谷地域野生鳥獣対策連絡協議会が29日、宗谷合同庁舎で開かれ参会した関係者が、エゾシカなどによる食害の報告や対策について意見を交わした。
 市町村職員、猟友会などから37人が出席し道職員がエゾシカ、アライグマ、ヒグマを中心に、全道や管内の被害状況などについて説明。エゾシカによる管内の昨年度の食害など被害額は前年を600万円上回る6400万円に増えたことなど報告され、北宗谷農協からは被害の規模は定かでないが牧草の食害が増えているとの報告があった。
 アライグマによる稚内での農業被害額は右肩上がりで増え、昨年度は362万円(前年214万円)。捕獲数は345頭(同186)と大幅増加した。
 続いて、道立総合研究機構の稲富佳洋研究主任が「囲いわなの運用について」と題し講話した。

コメントを残す