天北堆

 道のコロナ政策第2弾となる離島を対象とした「どうみん割」が始まった。コロナ禍で疲弊する利尻、礼文など道内5島のホテルなど観光関連業に対する経済対策で、いつもなら晩秋~冬にかけて観光客は島に出掛ける事は余りないものの、これだけ安ければ「行こうか」という御仁も現れるだろう◆ところで今回の離島振興策だが本庁主導ということで宗谷総合振興局では事前のプレスリリースがなく、本紙は振興局をせっつき入手し報道に至った。離島がある3振興局は自ら情報提供してもよかっただろう。

コメントを残す