ヒッチハイクで最北端へ 淡路島の男性きょう宗谷岬に到着

 ヒッチハイクで兵庫県淡路島から宗谷岬を目指し旅してきた東和輝さん(34)が稚内入りした。
 昨年、バイクで47都道府県を回る日本一周をし旅の面白さに触れコロナ禍で介護の仕事を辞め空いた時間で自分の将来をゆっくり考えたいと、ヒッチハイクの旅を決意。今月4日に自宅がある淡路島を出発し、大阪、富山、青森まで色々な人たちの車に乗せてもらい9日に北海道入りした。
 道内入りし函館、札幌、旭川など経て12日夕方、稚内入りした。
 淡路島から稚内までの1800㌔を車10台乗り継いで到着。これまでの旅を振り返り「一度に300㌔以上先まで一緒に連れてってくれたドライバー2人に協力してもらうなど旅をして困ることはなかった。ヒッチハイクしても直ぐ車に乗せてもらい親切な方が多かった」と話し、稚内の風が強いことには驚いていた。
 13日午前、北防波堤ドーム前で本紙の取材あと稚内のドライバーに乗せてもらい「きょう中にゴールができます」と宗谷岬の方に向かっていった。

コメントを残す