自然の造形に感動 昨日朝けあらしと朝霧出現

 11日早朝、声問地区の海岸線で海面から霧が湯気のように立ち上がる〝けあらし〟があり、牧草地や街の中が朝霧に包まれるなどして幻想的な光景が広がった。
 稚内地方気象台によると、11日午前5時40分、声問の最低気温は1・1度まで下がり、11月上旬並みの寒さを記録。上空に強い寒気が流れ込んだ上、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象が起きた。
 この冷気が流れ込んで発生した朝霧が声問地区の市街地や大沼をすっぽり覆い、声問~富磯の海岸沿いでは〝けあらし〟が午前7時過ぎまで見ることができた。
 この日の朝は開運8・3度、沼川は0度と宗谷管内5カ所で今秋一番気温が下がった。

声問海岸に現れた〝けあらし〟

大沼をすっぽり覆った朝霧

コメントを残す