ノシャップ公園など都市公園の老朽化遊具を更新 

 稚内市内にある都市公園で老朽化し使用禁止となっていた遊具の改修工事が進められている。
 市(都市整備課)によると、今年度は国からの補助を受け、市内にある都市公園20カ所のうち3カ所の公園で老朽化し、使用できなかった既存遊具の更新工事に着手しており、既に工事が完了したものでは栄1の青葉公園、富岡6の富岡かばのき公園の2カ所で2人用ブランコ、鉄棒などの新しい遊具に取り替えた。
 ここ何年も間、ロープにぶら下がり滑走する木製遊具ターザンロープなど壊れたままで使用できない状態が続いていたノシャップ公園では現在、改修工事が行われており、日栄建設が約1200万円で請け負い今月末までの工期で、古い遊具を撤去し新たな鋼製のターザンロープ1基、アスレチックなどの遊具が一体化した複合遊具の設置作業を進めている。
 都市公園の更新工事は3年ぶりで、阿部真司課長は「市内には壊れた遊具があり、国の補助を受けたものから順次、改修していきたい」としている。
 来年は天北緑地公園の中で末広5の複合遊具の改修を予定している。

コメントを残す