時の話題 「投書まで戴き」

 先週土曜日の10日、新市庁舎計画に関し「新庁舎には駐車場が無く今の現庁舎から歩かなければならない」との小欄を読み投稿された「呆れた市民」さんにはお詫びしなければならない。新庁舎にも30~40台ほど駐車スペースが設けられるとのことで、10日の小欄で間違っていた事を陳謝したところですが、行き違いとなり謝罪申し上げます。
 しかし貴方の投稿はその分を除いても意味あるもので、最後にあった「稚内市はそんなに財政に余裕があるんですか?市民が税金等よく考えて使用して下さい」との件はもっともなことだと当方も思うところがある。
 「天北堆」でも触れましたが工藤市長は3、4年前までは庁舎改築に切迫感はなかったはずですが、震度6ほどの地震で庁舎が倒壊する恐れがあるとの有識者の指摘もあり改築に舵を切ったと認識している。
 その後、庁舎改築が市内部で動き出したものの、何やかや意見はあったが「現地周辺で建築」ということで当然、今ある庁舎の敷地内で建築かと大半の市民が考えていたところ今回、突如ともいえる郵便局~道銀稚内支店までの民有地で建てるという市側からの叩き台が提示されたのであった。
 小紙などの記事を間違って解釈した筆者は駐車場取れずと早合点したのだが、実際に周辺を歩いてみるとバス通り~山下通り間は結構な幅があり、小欄で最初書いた翌日の金曜日(9日)に担当主幹に問うと「駐車場スペースもあります」とのこと。読者の皆さんに要らぬ心配をかけ重ね重ね反省している。

コメントを残す

次の記事

天北堆