29~30日に100㍉前後の大雨の恐れ 警報の可能性も

 台風8号と共に北上する発達した低気圧の影響で29~30日にかけて稚内地方は大雨になる恐れがあり、稚内地方気象台は低い土地の浸水、土砂崩れなどに警戒を呼びかけている。
 28日夜から天候が崩れ、29日にかけては発達しながら北海道に近付く低気圧の影響で30日まで多いところで100㍉前後の雨が降る恐れがあり、大雨警報を出す可能性もあるとしている。
 気象台の予報官は「今月7日の雨で地盤が緩んだ場所は警戒が必要で、低気圧の進路によっては雨の量は更に多くなる可能性がある」と警戒を呼びかけしている。

29~30日に100㍉前後の大雨の恐れ 警報の可能性も” に対して1件のコメントがあります。

  1. 成美 より:

    子供ご小さいと避難大変だから、大雨やだな~(>_<。)

成美 にコメントする コメントをキャンセル

次の記事

天北堆