ハチの巣には注意 市内でこれまで19件駆除

 暑くなってきたことでスズメバチの活動が活発化し、市(くらし環境課)に巣の駆除以来が増え注意を呼び掛けている。
 市によると、例年5~9月までがスズメバチの活動時期で、8~9月にかけて市民からハチの巣を駆除してほしいとの依頼が増え、今年も5月下旬から民家の軒下、換気扇の中に巣があるなどの相談が寄せられ、これまでに19件駆除している。
 8月にかけて巣作りがピークとなるハチは屋根裏や軒下、風通しの良い日陰などに巣を作るケースが多い。稚内にはキイロスズメバチ、クロスズメバチの2種類がおり、特にキイロスズメバチの攻撃性が強く、2度刺されるとアレルギー反応で死亡するケースがあるので注意が必要で、巣を見つけた場合はくらし環境課で相談を受け付けている。

ハチの巣には注意 市内でこれまで19件駆除” に対して1件のコメントがあります。

  1. 成美 より:

    キイロもクロも好かれます…。
    ハッカ油スプレーしているのにもかかわらず寄ってきて長い時間ホバリングされます。私だけではなく、子供もホバリングされます。怖いです。
    多い時は一日6回ホバリングされました。
    嫌~(>_<。)

コメントを残す