Pocket

 勤医協宗谷医院のデイサービスセンターで育ててきたハイビスカスが咲きミニトマトやピーマンの実もなり利用する人々の癒しになっている◆今年3月まで院長をしていた坂牧医師(副院長)が植物への造詣が深く、その先生のアドバイスを受けた職員や利用者が水やりや液肥を与えるなど世話した結果、南国の花とされるハイビスカスが開花した◆花は人間の心を癒し病気を快方に向かわせる働きがあり病室には無くてはならない◆実際、病を治すのは薬や手術なのだが何気なく飾られてある花は先ず心から治す。