天北堆

 昭和58年の大韓航空機撃墜事件を端緒に始まった折り鶴まつり。今年も子供達と団体や市民から20万羽近い折り鶴が集まりアーケード街などに飾られている◆米ソ冷戦時代の日本での象徴として報じられた撃墜事件は搭乗客の遺品回収、遺族の撃墜現場のサハリン西方モネロン島海域への遺族の鎮魂船派遣等々、稚内の名を高めることになり、陣頭指揮した故浜森辰雄市長の名声が国内に轟いたものだった◆あれから37年経ち主だった人達は鬼籍に入り当時30代で若かった堆子も高齢者の仲間入り。正に幾星霜だ。

コメントを残す