消費需要の喚起狙い 3000円クーポン事業説明会

 わっかない観光活性化促進協議会が、9月1日から市内宿泊者に3000円分のクーポン券を発行する「わっかない応援クーポン事業」の説明会が28日、文化センターで宿泊、飲食などの事業者を対象に開かれ、60人余りが参会した。
 新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ市内の消費需要の回復を図るため緊急経済対策として、市内宿泊施設に宿泊した旅行者が交通機関、飲食店、土産店など小売販売店などで各1000円ずつ使用できる3000円分のクーポン券を発行し市内での消費額の底上げを図る。
 午前中は宿泊事業者を対象に開かれ、参加したホテルなどの担当者10人余りを前に、稚内観光協会の中場会長が「コロナの影響で当初の誘客事業を中止し観光に携わる事業者に事業予算を還元するクーポン事業を実施することになりました。観光客に沢山使ってもらい積極的な消費を促したい」などと挨拶したあと、事務局がネットの旅行サイトでクーポン券を発行する宿泊プランを設定する際、宿泊料金に500円を加算して価格設定するなど注意点などを説明した。
 午後からは交通、飲食、小売り事業者など対象に関係者50人余りが参加して開かれ、クーポン券を使った清算方法、クーポン券取扱店の店頭に専用のステッカーを掲示するなど説明があった。

コメントを残す