大沼にオオハクチョウ 訪問者の人気ものに

 大沼に1羽のオオハクチョウが新たに飛来し、野鳥観察に訪れた人たちの人気を集めている。
 本来であればシベリアに帰るはずだが、このハクチョウは今月14日、大沼に飛来。その後は姿を見せなかったが、20日午前10時過ぎバードハウスの前に姿を現してからは夕方まで岸近くの水辺で優雅に羽を休めている。
 常勤ガイドの遠島幸吉さんによると、夏場は羽が生え変わるため飛べなくなり、大沼に居座る可能性が高いとし、バードハウスに訪れていた人たちは「この時期にいないハクチョウを見ることができラッキーでした」と喜んでいた。

コメントを残す