コロナ通知システム運用 宗谷合同庁舎にQRコード

 道は、同じ日に施設利用やイベントに参加した人の中から新型コロナウイルス感染者が出た場合に、Eメールで知らせる北海道コロナ通知システムを運用している。宗谷合同庁舎には登録するためのQRコードを設置している。
 不特定多数が利用する施設やイベントで新型コロナウイルスの拡大を防止するため作られたシステムで、施設など利用する毎に設置されたQRコードをスマホなどのカメラで読み込み、メールアドレスを登録することで感染者が出た場合に通知される。
 宗谷合同庁舎では、ロビー、食堂、税務課窓口など、来庁者が多い場所にQRコードを設置している。
 他にも道管理の施設、各市町村にも積極的な利用を促しているとし「システムを利用し、もしもの場合に他の感染者が出ないよう防ぐ手段の一つになれば」と担当する商工労働観光課職員。

コメントを残す