樺太作品でW受賞 稚内北星大 映像コンで奨励賞と道局長賞

 道内の優れた映像作品を選ぶ北海道映像コンテストで、稚内北星大学の学生らによる樺太プロジェクトが制作した作品が2つの賞に輝いた。
 道映像関連事業者協会(札幌)主催の映像コンテストにはプロの番組や学生、地域など7部門で道内15作品が入賞作に選ばれ、専門学校・短大・大学の学生部門で、稚内北星大学は稚内の漁業の移り変わりについて、昭和期の漁業繁栄の資料映像も取り入れながら、当時樺太で生活をしていた人の話を織り交ぜた映像で「舳へ先さきを向けるは稚内」で奨励賞を受賞。同時に地域振興に係わる優秀作品として北海道総合通信局長賞にも輝いた。
 この作品は樺太記念館(副港市場2階)で上映している。
 北海道総合通信局長賞の表彰式は7日午後6時半から大学で行われる。

コメントを残す