歴史など語る15ストーリー 振興局HPで公開

 宗谷騒動振興局(商工労働観光課)は、管内の歴史、文化に秘められた観光情報「SOYA Histories」をホームページで紹介している。
 管内は広大な自然や食の恵みなど、様々な観光資源がある中、国境の街としての歴史、漁業など独自性を持った歴史や文化を紹介し、観光に繋げて行こうと管内各地の語り部が紹介する15のストーリーが掲載されている。
 稚内市からは、稚内市民観光ボランティアガイドの臼井立身会長の「国境のまちが伝える平和の祈り」、稚内市歴史・まち研究会の富田伸司会長の「国境のまちの歴史が紡いだ物語」、前稚内海保交通課の堤憲一郎さんの「最北の海を見守り続ける灯し火」、旧瀬戸邸の筬島義春さんの「基幹産業を牽引した底曳網」と題した4つのストーリーが公開されている。

コメントを残す