高野連独自の支部大会開催 大谷高は天塩・名寄産業、稚内は士別翔雲と対戦

 新型コロナウイスの影響で夏の全国高校野球選手権大会と地方大会が中止になったことを受け、道高野連独自の代替大会となる名寄支部予選は18、19、25日の3日間、大沼球場に開かれる。
 名寄支部予選には稚内、稚内大谷はじめ天塩・名寄産業合同チームなど9校8チームが参加し、18日午前10時半から稚内大谷と天塩・名寄産業の合同チームが対戦し、稚内は18日午後1時半から士別翔雲と戦う。
 感染予防対策として原則無観客試合とし、開会式などは行わない。
 代表校2校は8月5日から旭川スタルヒン球場で開かれる北北海道大会に出場する。

コメントを残す