Pocket

 北門神社で30日午後、半年間の罪の思いや汚れを払う神事「夏越の大祓」が営まれ、参拝者は神職と共に茅の輪をくぐり、年内を無事に過ごせるよう願った。
 夏越の大祓は、今年上半期の心の汚れを払い去り、残り半年間の無病息災を願う伝統行事で、北門神社では毎年6月30日に行っている。
 神事は本殿前で午後3時から営まれ、山本宮司ら神職3人が祝詞「大祓詞」を唱え、参拝者は紙製の人形で体をなでて息を吹きかけるなどの儀式を行ったあと、8の字を描くように茅の輪をくぐり、身を清めていた。
 参拝に訪れていた市内の60代女性は「健康で過ごせること、コロナウイルスの早い終息を願いました」と話していた。
 神事を終えた山本宮司は「コロナが終息に向かっていくことを願い神様に祈りました」と話していた。