29日から教育相談所で中学生の悩みラインで受付 

 新型コロナウイルスの影響により休校が長引いたことでの中学生の悩みに寄り添おうと稚内市教育相談所(風~るわっかない内)は29日から無料通信アプリLINEを使った相談窓口「わっこちゃんLINE相談」を試験的に開設する。
 2月下旬から続いた臨時休校は途中、分散登校するなどし今月1日から学校が再開されたが、この間、日常生活や学校などでの不安やストレスを抱えた生徒の支援として開設するもので、市内の中学生約780人が対象。受け付けは月~金曜日の午前9時~午後5時(月、木曜日午後9時)。7月末まで。
 学校を通して生徒に配布したチラシに印字されたQRコードから友だち登録して利用する。リアルタイムでの相談ではないが、LINEで不安や悩みなどを投稿してもらい後日ソーシャルワーカーなどの資格を持つスタッフがメッセージを返信する。
 教育相談所の本間正博所長は「休校が長引いたことでの勉強の遅れ、学校生活などの悩みなど気軽に相談してほしい」と呼びかけている。
 7月末までの試験実施後は検証や評価を行い、本格実施に向け改善していく。
 緊急相談の場合は子ども相談支援センター☎0120~388~256、24時間子どもSOSダイヤル☎0120~078~310。

コメントを残す