天北堆

 今はコロナ感染防止対策を講じなければならないが収束に向い出口が見えてきた時にはコロナ後の対応をして行かなければならない◆議会で古参の藤谷議員の質問に対し、市長の答弁がある意味、抽象論で煮え切らなかったのは何時終息するか分からず、国や道のコロナ後政策が見えないという不確かさもあるのだろう◆未曽有のコロナ禍に遭遇する中、役所お得意の「踏襲」では対応できず、それこそ進取の精進で事に当たらなければならない◆年を取ると早・遅とちりいずれもあり決断にズレが出てくる。

コメントを残す