コロナ直撃し大幅減 稚内空港5月は千歳1便だけ運航し751人

 市(観光交流課)は5月の稚内空港旅客実績を集計した。新型コロナウイルスの影響で東京便、千歳便2便目が運休したことで旅客は前年より9割強も落ち込んだ。
 コロナの感染拡大により緊急事態宣言が5月24日まで延長されたことを受け、4月9日から運休している東京直行便は5月も再開せず、5月は千歳便1便目だけの運航となった。
 前年は東京便1万249人、千歳便は5942人の両便合わせて1万6191人の旅客があったのに対し、今年は千歳1便目だけの751人と前年より95・4%の1万5440人と大幅に減少した。
 ▽千歳行き 365人(昨年同月1503)。▽千歳発 386人(同1595)。

コメントを残す