Pocket

 宗谷総合振興局の産業振興部長として着任した佐々木浩司氏(55)は「宗谷地域の人や物など豊富な資源を上手に組み合わせ、今までにない産業振興に繋げ発展させていきたい」と抱負を述べた。
 佐々木部長は富良野市出身。札幌学院大学卒業後、民間企業に就職し、その後は法務省など経て平成4年、計量検所釧路支所員として道職員に奉職。経済部労働局雇用労政課主査、同主幹など歴任。前任は同課長補佐。
 宗谷での勤務は初めてのことで、風力発電など再生エネルギー資源が豊富にある地域との印象がある。道職員として釧路での経験を活かし、首都圏で行った移住PRが結実したことは忘れられないとした。
 何事も自分の経験に勝ることがないという佐々木部長は「宗谷の魅力、歴史など新しい組み合わせで情報発信していきたい」と話していた。
 趣味はコンサドーレ札幌の試合観戦。「地域のことを少しでも知るため管内を巡りたい」と話していた。