天北堆

 南小のヤマメ放流が34年目になった。今年はコロナ感染の影響で子供たちは参加できなかったが先生たちが代わりに稚魚3千匹を〝南小の森〟を流れるクサンル川に放流した◆児童たちに自然に親しむ場所を整備した〝南小の森〟には最初のうち橋や一休みするベンチも置かれ、子供たちの冒険心を育んだもので、最初の頃、堆子も現地に同行取材したことがあった◆継続は力なりを実践する同校の教育によって如何ほど逞しい人間が育ったことか◆丘の上に立つ港小裏も野鳥の宝庫で稚内の自然教育は目を見張る。

コメントを残す