Pocket

 花火を生業とする人達は大変だろうに1日夜、3密を避け予告なしに花火を打ち上げ一般市民に安らぎを与えた。稚内では佐藤銃砲火薬店の佐藤堅司さんが参加しコロナ禍で奮闘する医療従事者への感謝を込め青色を主体に50発打ち上げた◆夏のイベントが軒並み中止になる中、花火業者の経営もきつかろう。それなのに少しでも励まそうと打ち上げる花火◆いつもは「綺麗ね」と終わる花火だが今年は綺麗だけでない真心あふれたものに◆人間の営みに絆される事あるが、涙なくして書けなかった原稿だった。