Pocket

 緊急事態宣言は解除されるも経済の疲弊は拡大する一方で、稚内商工会議所が受け付けている日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付(無利子・無担保融資)の申し込みは先月28日までに96件数えている。
 特別貸付の対象は新型コロナウイルス感染症の影響によって最近1カ月の売上が前年または前々年と比較し5%以上減少した事業者(フリーランス含む)に対し、運転・設備資金として中小事業に3億円、国民事業6000万円を限度に、設備資金20年以内、運転資金は15年以内を償還期間(据置5年以内)とし融資するもので、商工会議所には28日まで158件の相談があり、96件申し込みした結果、84件の融資が決定している。
 業種別では飲食店が半分程度占め、小売、製造、理・美容、宿泊など多岐に亘っているという。
 無利子・無担保融資だけでなく▽特別利子補給制度(問合せ先・中小企業金融相談窓口☎03~3501~1544)▽新型コロナウイルス対策マル経(稚内商工会議所☎23-4400、政策金融公庫旭川支店☎0166ー23-5241)▽新型コロナウイルス関連肺炎の流行に伴う融資制度(宗谷総合振興局☎33-2528)▽雇用調整助成金(稚内職安☎34-1120)▽小学校休業等対応助成金(道労働局☎011~788~7874)▽小規模事業者持続化補助金(稚内商工会議所☎23-4400)などある。