物流関係者がオンラインで会議 稚内・旭川・サ州間で開催

 稚内、サハリンなどの物流関係者がインターネットを使い情報交換する「稚内~旭川~サハリン間オンライン・ミーティング」が、28日午後2時から市役所5階議場控室で開かれる。
 新型コロナウイルスの影響で新千歳~サハリン間の空路が運休し日ロ間(北海道~サハリン間)の相互訪問が出来ないことから、稚内市、旭川市、サハリン州ユジノサハリンスク市とコルサコフ市の間をインターネットで繋ぎ関係者がオンラインでサハリンビジネス支援のため情報交換し、現地の市場調査が円滑に進めていくよう実施される。
 試験的に行われるオンライン会議に参加するのは稚内市のサハリン課職員と稚内~サハリン間の貨物船チャーター事業で輸出以貨物代理業務を担う㈱FNM(宝来3)の安斉俊明代表、旭川市役所経済交流課職員、ユジノ市でラーメン店を経営するピラミダ社のアレクサンドル・キム社長、コルサコフ市の稚内市サハリン事務所通訳の4人。日本食材の稚内港からの輸送ルートの可能性などについて意見交換する。
 市では今回の会議によってコミュニケーションが円滑に進んだ場合、今後の日ロ間の相互訪問、空路の再開が叶わなければ、オンラインでのサハリンビジネスの取り組みなどの打ち合わせが可能かどうか検討していきたいとしている。

コメントを残す

次の記事

天北堆