Pocket

 潮見が丘小で15日、来週から始まる分散登校を前に先生らが花壇整備やグラウンドの石拾いなど、児童を迎えるための準備作業を行った。
 例年であれば、花壇整備はPTA、グラウンド整備は児童たちが分担して行っているが、今年は新型コロナウイルス対策で中止となり、18日から分散登校する児童に少しでも気持ちよく登校してもらいたいと、先生たちと中山亮PTA会長が参加し行った。
 先生らは、グラウンドの落ちている石を拾い集め=写真=、校舎前の花壇では土起こしをしたあと、マリーゴールド、ベコニアなど4種類の花を植栽した。
 大島校長は「児童たちが晴れやかな気持ちで登校してくれるとよいですね」と話していた。