天北堆

 何処も彼処も人の姿はなくシカの姿だけが。GWが終わった。善し悪しは別にして家に閉じ籠り続けるのは苦痛である◆連休中、散歩コースの一の沢(ウエンナイ川支流)の遊歩道で知人に会い、その人曰く「普段の何ともない行動の有難みを知りました」◆無くなり悔やむのは誰しもであるが、国民全員がステイホームを否定しているわけでもない。読書は捗るし映画三昧のホームシアターも。何があっても善い方に捉え生活に大きな支障が無ければ許容するといい◆ただ叶わぬ人いること忘れてはならない。

コメントを残す