Pocket

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が様々な業種に及ぶ中、回転すし「花いちもんめ」と稚内日の丸交通がタッグを組み、1日から寿司などをタクシーで配達するサービスを試験的に始めた。
 緊急事態宣言によって売上が激減していることから国土交通省が4月下旬から特別措置として認めているタクシーによる食料品の配送(デリバリー)サービスを13日まで試験的に行うことになった。
 花いちもんめの寿司など殆どのメニューを注文することができ、商品は日の丸交通のタクシー50台によって市内全域に配達される。配送料金は550円からで距離に応じて変動する。オーダーは午前11時半~午後8時まで花いちもんめで受け付ける。
 出来る限りのことはしていきたいという花いちもんめの笠原奨店長は「店からの恩返しとして取り組んでいきたい。少しでも明るい話題になってもらえたら」と話していた。
 配送料金を普段の乗車料金より安くしたという日の丸交通の佐々木浩二常務は「自粛要請でお年寄りの外出機会が特に減っている。GWの親族の帰省が難しい中、少しでも美味しいものを食べてもらえるよう協力していきたい」と話し「他の事業者でも協力してくれる人がいれば」とサービス参加企業を募集していた。