ガソリン109円に値下がり 市内セルフGS

 29日、市内セルフGSのガソリン価格が6円値下がりし1㍑109円(税込み)になった。3月6日から値下げが続いており、遂に110円台を割った。
 原油価格は新型コロナウイルスの影響で世界的に需要が落ち込んでおり、OPEC(石油輸出国機構)プラスが12日、原油の減産に合意したものの、それ以上の需要減少に対する懸念は払拭できず下落は続いている。
 稚内市では、平成28年1月以来、約4年4カ月ぶりの100円台となった。3月6日以降31円も下がった。

コメントを残す

次の記事

天北堆