利用多く1カ月早めて実施 衛生公社が北防ドームを清掃

 稚内衛生公社の従業員が22日、北防ドーム内の清掃奉仕活動を行った。
 地域貢献活動として平成26年から毎年5月頃に実施していたが、今年は雪融けが早く、新型コロナウイルスの影響で散歩などでドームを利用する市民が多いことから1カ月早め清掃した。
 22日午前中、延長427㍍のドームの両端から高圧洗浄車3台と汚泥吸引車3台を駆使してドーム内に溜まった砂など洗い流し、吸引車で泥を綺麗にしていた。
 岡田睦良統括推進部長は「少しでも市民の方々に気持ちよく使って頂きたいと例年より早めに清掃活動をしました」と話していた。

コメントを残す