Pocket

 稚内に来たいと思う冬の写真をSNSのインスタグラムに投稿しその出来栄えを競う「稚内の冬旅フォトキャンペーン」のグランプリに、市内の主婦竹内ひとみさん(59)の作品が輝いた。
 写真を見た道内外の人たちが「稚内に来たい」「食べたい」「見たい」「ワクワクする」など思える写真を市(観光交流課)が、昨年12月~3月中旬まで募集したところ、892作品が寄せられた。
 竹内さんの作品は1月下旬、坂の下海水浴場から知人が雪化粧した利尻富士を眺める後姿を撮影した。普段からカメラを手に風景などを撮りに出掛けているという竹内さんは「女の子が故郷の景色をいつまでも大切にしてほしいと思い撮った一枚です。季節に応じて色々な表情を見せる利尻富士が大好きです」と話していた。
 ほかに準グランプリに輝いた5作品は、シカ同士が角をぶつけ合う様子や、宗谷岬の日本最北端の地の碑の前でポーズをとるなどの作品が選ばれた。
 入賞作品は市のフェイスブックなどで公開され、観光情報の発信に役立てられる。