相談窓口を一本化 きょうから市役所

 稚内市は20日、2階にある第3会議室に新型コロナウイルスの感染拡大に関する市民の健康相談、支援制度などの問い合わせを一括し対応する総合相談窓口を開設した。
 2月下旬から市健康づくり課(保健福祉センター)に設置されていた相談窓口を廃止し、新たに開設された総合相談窓口には職員5人を配置し、市民からの健康や仕事に関する相談感染予防対策以外の生活支援、国や北海道から示された各種助成制度など幅広い相談に応じ来庁した際には個別相談にも対応する。
 市によると、健康づくり課で相談窓口を設けていた際は、市民から体調の不安、感染者情報などで電話相談が91件寄せられた。
 新たに開設した総合相談窓口の太田特命担当主幹は「健康上の不安、国や北海道による支援制度など分からないことがあれば何でも相談を寄せてほしい。少しでも市民の皆さんの不安を和らげたい」としている。
 受付時間は平日午前8時45分~午後5時30分。事前連絡により夜間や土曜・日曜も対応する。☎23-6215。

コメントを残す