Pocket

 冬型の気圧配置となった9日、稚内地方は朝から雪が舞い冬に逆戻りした。
 日本海から近付く低気圧の影響で寒気が入り、9日午前中は開運で氷点下0・9度、声問氷点下1・3度と3月下旬並みの寒さに戻り、風も強く15㍍以上の強風が吹いた。
 今月に入って雪融けが進み春が本格化したところでの積雪に、朝から車の雪を下ろす市民や厚手のジャンパーを着た人が目立った。
 稚内地方気象台によると、10日朝まで寒さが続き、多い所で3㌢の雪が降る見込み。路面変化などに注意を呼びかけている。