市に布マスク200枚寄贈 矢部プロカッティング

 園児服など製作する矢部プロカッティング(本社・仙台市)が、布マスク200枚を稚内市に寄贈した。
 新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が深刻化する中、市民の窓口業務に対応している職員用にと、体操着を作る素材から稚内工場で作り、8日午後、市に届けた。
 稚内工場の女性スタッフは「市内の幼稚園から制服などの注文を頂いておりますので、少しでもお役に立てればとスタッフ全員と相談し作りました」と話し、市の山崎総務部長は「マスクが手に入らない中での貴重な200枚は本当にありがたい」と感謝していた。

コメントを残す