時の話題 「春の交通安全運動」

 昨日、小欄を執筆しようとしたところ、前日まで頭にあったテーマを忘れてしまった。コロナの事か、それとも6日から始まる春の交通安全運動の事か、文章構成まで頭に描いていたのにペンが進まない。という訳で交通安全運動について書くことにしますか。
 雪がかなり少なかったこともあり雪融けが早く、小社屋前の駐車場の雪もすっかり消えてしまった。道路の雪融けはそれ以上に早くアスファルト路面が出ていることもあって車のスピードが速くなっている。
 入学シーズンとも重なり新入学児童を輪禍から守るためもあり春の運動は展開される。
 積雪がある冬の間は安全運転を心掛けていたドライバーも路面が見えると解放感もあるのか速度が増す。今年は新型コロナウイルスでの抑圧感もあって度合いは高いようだ。
 雪が融けると子ども達の外遊びが増え急な飛び出し、そして車の陰からの飛び出しもあろう。恐いのは自転車で子どもだけでなく高齢者には気を付けなければならない。
 更には工事が始まり交通量が格段に多くなるトラックへの留意が必要だ。先日夕刻の帰宅途中、国道を走行していると枝道から一時停止することなく進入してきたトラックが猛スピードで走り抜けて行った。大方のトラック運転手は運転のプロでルールを順守しハンドルを握っているのだが間々、傍若無人な運転手がいるので注意しなければならない。
 車は運転の仕方によっては走る凶器ともなるので、安全運転に徹し事故の無い稚内を目指していかなければならない。

コメントを残す