読書好きの市民大喜び 図書館ブックパック企画

 新型コロナ対策で臨時休館中の市立図書館で28日、職員が選んだ書籍をセットにしたブックパックの貸し出しがあり、本を借りる市民が訪れていた。
 2月29日から長期に亘り休館する中、休校・休園中の子供を対象にしたブックパック企画を19~21日に行っており、その第二弾として大人も対象に行われた。
 今回は一般向けに作家の作品、エッセイなど3種のパック、子供向けに児童書など年代別にまとめたパックを用意し、開館の午前10時から市民が次々と訪れ好きな作家の本を借りていた。
 年間で100冊は読書するという50代女性は「作品を選ぶ楽しさはなかったが、借りた本を読むのが楽しみ」、70代女性は「コロナ騒動があってから読書をして過ごす時間が増えました。4月の図書館の再開が楽しみです」と話していた。
 29日は午前10時~午後2時まで。

コメントを残す

次の記事

天北堆