〝稚内弁当マップ〟立上げ 「花いちもんめ」の笠原店長が飲食店支援するため


 新型コロナウイルスの流行で様々な業種に影響が出ている中、回転すし店「はないちもんめ稚内店」の笠原奨店長(31)が、売上が落ち込んでいる飲食店を支援しようと、持ち帰りできる店の情報発信するインターネットサイト「稚内弁当マップ」を立ち上げた。登録を呼びかけている。
 コロナウイルスにより打撃を受けている飲食店の中で、テイクアウトや配達を行っている、またはこの状況を機に始めたという店舗を一覧にし紹介しようと考えた笠原店長がSNS上で協力者を募ったところ、賛同した有志が稚内市内にある飲食店のテイクアウト情報をまとめるサイトを作成した。
 サイトには店舗の地図、営業時間、紹介コメントなど添え紹介されており、誰でも店舗情報を投稿することが出来る。
 笠原さんによると、現在の登録は3店舗だけだが「市民皆んなで作り上げることでこの状況を打破していきたい。繋がりを大事に輪を広げ、稚内を盛り上げることが出来たら良いですね」とし「これを機に持ち帰りを始めてもらい、PRする場として使ってもらえたら」と話していた。

コメントを残す