Pocket

 22日、市庁舎、文化センター駐車場が開放され、臨時休校・休園中の子どもら100人が外遊びを楽しみ心身ともにリフレッシュしていた。
 市教委が主催し、新型コロナウイルスの影響で休校期間中の子供たちに体を動かし遊ぶ機会をと開かれた。
 午前10時早々から中学生や家族連れが訪れ用意されたゴールでバスケットボールに汗を流す中学生、自転車に乗る幼児、駆けっこする親子など外遊びを楽しんでいた。
 バスケ部に入部している金子朋生君(稚中2年)は「皆と集まり久しぶりに練習が出来て楽しい」と話し、今春1年生になる白幡寛介君(6つ)は「外で遊べるのは嬉しい」と満面に笑みを浮かべていた。