Pocket

 水平線に沈む太陽がだるまのような形に見える気象現象〝だるま夕日〟が17日夕方、西海岸に出現した。
 大気と海面付近の温度差によって光が屈折して起こる現象で、日本海側では寒暖の差が激しい秋から春先にかけて見られる。
 17日午後5時過ぎ、西海岸へ利尻富士の撮影に出掛けた写真サークルの70代女性が自宅へ戻ろうとした時、こうほねの家周辺の海岸でだるま夕日が現れ撮影した。
 夕日とともにフェリーが海から浮いて見える蜃気楼の現象も同時に見えたという女性は「最近はサンピラーなども現れ、写真を撮るのが楽しいです」と話していた。