Pocket

 今年9月6日に開催される第3回日本最北端平和マラソン大会に昨年大会で優勝したプロランナー川内優輝選手(33)ら招待選手3人とゲストランナー1人の出場が決まった。
 昨年9月1日に行われた大会では、宗谷岬をスタートし北防波堤ドーム前をゴールとするフルマラソンの部には、全国から776人参加し592人が完走した。前回大会で2時間20分28秒で優勝した川内選手は、3年連続の出場となる。
 フルの部には川内選手と高校時代からのライバルで、練習パートナーとして互いに支え合っている市民ランナーの牧野冴希選手(32)が初参加し、関東地区の陸上団に所属し第2回平和マラソン大会の女子の部で優勝した兼重志帆選手(30)も昨年に続き出場する。
 今大会は、昨年のレース後に「普段のレースで2時間20分をオーバーすることなく、今度は20分を切れるように挑戦したい」と語っていた川内選手と、高校時代に駅伝大会、市民レースなどで何度も顔を合わせ競い合った牧野選手とのライバル対決が、大会を盛り上げてくれそうだ。
 ゲストランナーとしてショート8㌔には川内選手の妻の侑子さん(34)も2年連続出場する。
 大会事務局(市社会教育課)によると、スバル陸上部からもゲストランナー数人の出場を予定しており、定員1000人のフルマラソン出場選手は4月から募集する。

川内 優輝選手

川内 侑子選手

牧野 冴希選手

兼重 志帆選手