デマ情報鵜呑みせず 稚内保健所がコロナで呼び掛け

 新型コロナウイルスに関する噂やデマが絶えないことから、稚内保健所などでは、噂やネット情報を鵜呑みにせず公的機関の発表など確認してほしいと呼び掛けている。
 保健所によると、連日、住民、医療機関、市町村などから症状、発生時の対応、噂など新型コロナウイルスに関する相談が5日までに217件寄せられている。
 この中で、感染者など噂話に関する相談が個人だけでなく市町村などから寄せられることもあり、公的機関の発表など、冷静に情報収集をするよう求めている。

コメントを残す