和服でおもてなし実行委の街歩きツアー シンガポールの男性が稚内の冬を味わう

 稚内和服でおもてなし実行委員会(竹内ひとみ代表)による街歩きツアーで、シンガポールからの旅行会社の男性が着物姿で市内の景勝地を散策した。
 シンガポールからのツアーは昨年12月、前年比2倍の19本450人余りが訪れたが、稚内を含め道内の旅行を数年前から力を入れている現地の旅行会社の男性がプライベートで1週間前、稚内を訪れ着物姿で北防波堤ドームや宗谷岬、宗谷ふれあい公園スノーランドを回った。
 今回は富良野や旭川などの旅行企画の視察で道内入りした男性だが、稚内にいる友人に会うため急きょ稚内入りしたもので、5時間の滞在時間中、北防波堤ドームや宗谷岬の最北端の地の碑の前で記念撮影するなどし過ごした。
 温暖な地であるシンガポールは雪が珍しく男性は大沼のスノーランドの体験イベントも楽しんだ。
 「稚内の自然や冬のイベントを楽しんでいました」と案内した竹内さんは話していた。

コメントを残す