菅原社長のポスター登場 瀬戸漁業GS聖火リレー応援

 瀬戸漁業のガソリンスタンド(GS)エネオス中央・潮見店で、菅原耕社長が東京五輪の聖火リレーを応援するガッツポーズをしたポスターが飾られている。
 東京五輪の聖火リレーサポーティングパートナーであるエネオスグループでは、全国1万3000カ所あるGSで、営業店の代表者がエネオス応援団長に任命され、聖火リレーをPRしている。
 3月26日、福島県を出発する聖火リレーは道内では6月14、15の両日に20区間で行われ稚内市は15日、文化センター前を出発し北防波堤ドーム公園までの約1・4㌔のルートで行われることになっている。
 ポスターには「聖火ランナーに、届け、熱いエネルギー」など書かれており、GSのスタッフは「市民の皆さんと一緒にランナーを応援したい」と、稚内での聖火リレーの日を心待ちにしている。

コメントを残す