毛ガニ刺し網漁解禁から3回出漁し12.7トン 初水揚げは4.8トン

 宗谷総合振興局(漁業管理係)は、2月上旬までの稚内沖毛ガニ固定刺し網試験操業の水揚げ状況をまとめた。
 今期の漁は1月23日に初網入れし、同28日に毛ガニは4・8㌧(昨年は2月21日に3・2㌧)、タラバ45・9㌔(同10・7㌔)初水揚げされた。シケに祟られた昨年と比べ1カ月ほど早く初水揚げすることが出来た。
 2月上旬(1~10日)までに2回(3日、4日)出漁(昨年出漁なし)し、毛ガニ7・9㌧、タラバ77・8㌔水揚げ。
 解禁からの累計は毛ガニ12・7㌧、タラバ123・7㌔。
 稚内漁協の木村専務理事は「今のところ昨年並み」と。

コメントを残す