Pocket

 ここ数日、稚内市街地が白い霧のようなものに包まれ、視界が5㌔前後まで落ち込んでいる。
 稚内地方気象台によると、12日以降は暖気の影響で雪融けが進み湿度が90%を超えたことにより、市街地で通常10㌔以上ある視界が14日朝は6㌔ほどまで落ち込んでいる。
 ここ数日、中国大陸から偏西風によって飛来する大気微小状物質PM2・5の数値が全道各地で上昇している。
 宗谷管内で唯一観測機がある利尻町で13日基準値を超える37㍃㌘まで上がっていた。