天北堆

 昨日の小紙2面はさながら暖冬光景4連発といったところか。結氷した大沼に裂け目が入るは、スキー場はブッシュが顔を出し、道端にはフキノトウ、そして例年より1カ月も早くクサンル川で雪山崩す作業。春まっしぐらといったところか◆だがそうは問屋は卸さない。今週末には平年並みの寒気が入り再び氷点下10度近い寒さに。2月なのだから厳寒は未だ健在なのだが、三寒四温に入っているのは確かで、陽が昇るのが早くなり沈むのが遅くなっている◆移ろいが速いと歳を感じる。ゆっくりでいい。

コメントを残す